仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2017年6月5日月曜日

出雲・岡山夫婦旅(3)

『今日の赤(17-12)』

<今回も赤字は動画です>

伺えば今日がメインの夫婦旅だそうです・・・
ホテルでの朝食に名物の「あご野焼き」を頂いて8時にはチェックアウト、再び「一畑電鉄」に飛び乗ります。<一畑電鉄の動画
相方に指示されて降りた駅は「一畑口駅」です。

2010年公開の『RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語』の主要な舞台となった駅の一つでオープニングやラストシーンに使われた駅。
当初「出雲市駅」から ”目のお薬師” で有名な「一畑寺駅」への中間駅だったのが昭和3年に「松江駅」からの路線が延長され「一畑口駅」で接続、平地では珍しいスイッチバックとなったそうです。
その後戦時中(昭和19年)の鉄鋼材供出命令で「一畑口駅」〜「一畑寺駅」感が廃線となり今に至ってるとの事・・・
つまりめちゃ『そそる駅』なんだそうです!(笑)


実に静かです・・・この場所ならば何時間でも佇んでいられますよね!
如何ですか・・・そそるでしょう!?(笑)

長い(2分ちょい=2倍速)ですけどご覧下さい。
ワンマンの運転手さんがトコトコと歩いて運転席を交代する映像は素敵です!
くだりの ”ご縁列車” 到着後の発車です!(笑)

今回の旅は三脚を持参しませんでした。
よって膝の上にカメラを載せてでの撮影にて斜めになりましたがお許しください。

気がつけばこの駅周辺に3時間強・・・実に楽しい時間でした!(笑)

今日の午後には松江駅から岡山駅行きのチケットを取得しています。
後ろ髪を引かれながら「一畑電鉄」に飛び乗り松江へ・・・
乗車券の他に@310円を払えば自転車も一緒に乗れます。
駅でレンタサイクルもありました。

松江到着後遅いランチを・・・
松永牛(隠岐の島のブランド牛)のしゃぶしゃぶと日本海のお刺身&天麩羅御前を。

15時「松江駅」から「特急やくも」に飛び乗り岡山まで・・・2時間半強。
伯備線内は単線にて途中駅での待ち合わせがあり結構時間が掛かります。

17時40分に岡山駅着・・・
40年振りの岡山駅前に戸惑いながら今夜はままかりの押し寿司をホテル内で頂きゆっくりとしましょうか?

長い・長い1日でしたけど楽しかったです!
明日は最終日・・・宜しくね!(笑)