仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2017年5月25日木曜日

第15回綾ツァー(3日目)

『今日の赤(17-8)』


昨夜は一体何時まで飲んでいたのでしょうかねぇ?w
今朝はご参加いただいた綾さんが「綾待合所」7時発のバスで宮崎市内へ・・・
その後は高千穂を訪問されるとかで 6:45にロビー集合!

時間は迫っていますが綾さんですからね・・・「綾城」へ!
「開も〜ん!」・・・あ〜姫さま門前払みたいですよ!?😂
出発時間ギリギリで駆け込み乗車!w

朝食後宿をチェックアウト、日曜日の工房に向かいました。
無論先生・スタッフ等の皆様はスタンバイ・・・「桑畑でも見ますか?」
小石丸(日本の在来種)の為に10年を掛けて開発した柔らかな葉と背丈を抑えた桑です。
年に数回の孵化に合わ時期を異なる桑畑も用意されていました。
挿し木で増やされる桑畑を舞うモンシロチョウ(PC画面じゃないと見えないかな?)、無農薬のために雑草が覆ってます。

初めて出会った頃(2000年)には確かご近所の養蚕農家さんが工房から小石丸の卵を託され・桑を育て・繭まで育て上げて再び工房に戻していました。
2010年(?)に養蚕農家への助成金が廃止となり工房が託していた農家さんも次々と廃業。(大凡 1/100となったそうです。)
翌年から工房(先生)がお蚕さんを育て・桑畑まで自ら耕す結果となったのです。
その頃の先生も凄かった!
無論知識は既に持ってはいらっしゃってもやはり実際にその手で育て上げる事とは違うんですよね・・・お世話になった養蚕農家の方や遥かに若い学者さんからその know-howを受けてる現場は寒気がするほどでした。
・・・
・・・

やがて孵化した小石丸がこの桑を食べ・繭を作り・極めて細く・光沢のある糸となります。
左が小石丸・右が交雑種の繭です。(工房の資料写真から)

例年の綾ツァーならば初日にお庭の草木を刈り取り・大釜で煮出し・溶液を作ります。
翌日には桑の実を採取しジャムを作り・藍染の体験を・・・。
最終日(3日目)には丸一日漬け込んだ草木染めの作品を鉄やミョウバン等で焙煎して仕上げます。

今年はその半分しか行われていません「生葉染めやってみますか?」突然先生がハンマーを片手にやってきました。
みなさん「トン・トン・トン」昨日仕上げた藍染の作品に重ねていきます。
おやおや・・・これは素晴らしいじゃないですか!

その後はお休み中の工房内の織り場見学を・・・
改めて小石丸糸の細さと輝きを確認しました、凄すぎです!

昼過ぎ・・・名残は惜しいのですが工房を辞す時間です。
先生始め奥様・スタッフ・串本から参加のお仲間ともお別れ・・・

ランチは毎年最終日にお邪魔してる「美菜食膳」です。
今年は全員初お目見得ですので「せせらぎ膳」を注文済み。
ごぼうを・海苔の蒲焼きもどき、大豆タンパクを使ったチキン南蛮を酵素玄米で!
皆さん美味しく頂いてくれたかな?

空港で今夜の夕飯を調達、無論相方へのお土産も忘れません!
<本当のお土産は手染めのショールなんですがね。w)

翌日の仕事が4時開始だというH嬢に合わせて早めの帰京です。

今回は自身のアクシデントにより中止を覚悟・その後皆様のラブコールにより急遽復活が決まった為とご参加の皆様のご都合に合わせた為通常の半分しか楽しんで頂けなかったと思ってます。
果たして何処まで楽しんでいただけたかな?
先生は常に何事にも全力・手抜き無しなのは解ってはいたのですが、私自身がイマイチ・イマニの「綾ツァー」だったのではなかったと思ってます。
マンゴーもホタルももっと・もっと味わって貰いたかった・楽しんで頂きたかった。
(此ればかりは自然が相手ですからね・・・致し方無い事は解ってはいるのですが。)

今回初参加の方々への感謝の気持ちをほんの少しばかり・・・笑って下されば嬉しいのですが!?