仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2017年5月24日水曜日

第15回綾ツァー(2日目)

『今日の赤(17−7)』

(はい、この時期・綾に来たら・・・ですよね!w)

明日の朝7時に「綾待合所」から市内に向かうお嬢さまが約1名・・・つまり今回の「ツァー」は今日1日で全てを終えなければいけません!

今日も快晴!
6時半(楽勝ですw)ロビーに集合して綾北川の上流部を目指します・・・
朝日を受け輝きながら岩肌から溢れる・吹き出す清水を愛で・手に受けて味わいます!
御神水を守る河童さんから改めて分けて頂きますね。
(宮崎市内からも密かに水を汲みに来る方も居ました。)

皆さん帰りは途中下車、綾北川を渡って宿まで森林浴です!

朝食を頂き直ぐに「綾の照葉樹林大吊橋」を目指しますがその途中の「千尋の滝」にご挨拶を・・・
しかしプロ(綾さん)のポージングは決まってますよねぇ〜美しすぎます!
実は内緒なんですが此処もホタルの名所なんですよね、お時間が許せばお勧めです。
2012年の6月夕闇が迫る頃はこんな感じです。(動画は此方から。

さぁ「綾の照葉樹林大吊橋」へ向かいましょう!
4月から見学料金が350円に値上がっていた!(笑)
川面から142mを体感するにはこのポーズが一番ですね。(笑)
おやおや遊歩道は土砂崩れで通行止めのようですね・・・残念です!

10時「大隈農園」で先生と待ち合わせ、直ぐにマンゴーのハウスに案内頂きます。
しかし恐ろしい値段ですね、でも我々へは・・・これも秋山先生のご威光を頂いての「特価」なんですね。(感謝)

直径1m程のポットで一苗・一苗育成される独特の栽培方法の先駆者にて完全無農薬・有機栽培にて「「太陽のタマゴ」となる完熟による自然落下・青秀以上・2L以上・糖度15%以上の割合が50%超えると言う凄さ!(他の農家からは30%程度だと聞きました。)
<全身消毒前はハウス内に入れません!>
ちょうどこの時期は最初の出荷終わったところにて試食も無し、各自一切れの味見だけでした!(しかしこれがたまらない美味さ!)
しかも・しかもですよ・・・昨年は300個近くも焼けによる規格外品(味は同じ)が今年はほとんど出ていないと自慢気のご主人。
その規格外(通常の1/3で分けて下さいます。)を楽しみにしていたのに・・・そりゃないぜ!(笑)
その後は同じハウスで育てられたこれも拘りのライチを頂きました。(無論、美味しいのです!)
そして帰り際に本当に今はこれしか無いと完熟マンゴーを2個差しだして下さいました。
(いつ届くかは判りませんが今年分のオーダーは済ませましたけどね。)

帰り際に「てづくり本物センター」によりマンゴーや日向夏・ドラゴンフルーツのアイス・ジュースを頂いてその残念な思いを沈めました!(笑)

工房に戻れば先生やスタッフの方々がランチの用意をして下さっています。
主役は先生つ作りの無農薬で育てられた桑の実のジャムです。
例年ならばゆったりとビールやワインを頂きながらなのですが今日は急ぎます。

さて藍染体験を・・・と、その前にお茶室に案内されました。
室内には皇后陛下への献上ショールを始め小石丸・貝紫染めの品々が展示されてます。

そしてご婦人方はお着物の試着を・・・
奥様とお嬢様のお見立てに皆さまうっとり・・・時間が過ぎます!

そしていよいよ藍染体験です・・・が。
皆さま既に織りや絞りや糸かがりを施していらっしゃる。
やはりその道に興味を抱いての今日なんですね、だってレベル高すぎます!
今年で15年(17回目)のオイラとの差はねぇ〜(悔しい!)

夕張が迫る頃に先生が「今夜も自宅の庭でBBQで良いですか?」と・・・
伺えば既にお仲間の力を借りて準備が整っています。
エビ・ホタテ・サザエ・岩牡蠣・シシャモ・イワシ・・・
どうやら先生が1か月も前からこの日の為に手配して下さったとか・・・
綾の美味しい野菜等、オレンジやイチゴや勿論マンゴーも!
これだもんね〜、感謝します!

何時までも宴は続きます・・・気が付けばホタルの時間も既に過ぎました。
皆がそれぞれ楽しんでくれている、ほら先生だって!!(笑)

オイラはお腹いっぱいの上に超美味しい綾のイチゴを数十粒(?)も詰め込んで大満足。
・・・この宴はいったい何時に終わるのでしょうかね?(笑)