仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2017年6月6日火曜日

出雲・岡山夫婦旅(4・了)

『今日の赤(17−13)』


気が付けば昨夜は9時には寝込んでしまいましたね。(笑)
早目に・ゆったりと朝食を頂いた後着替えやお土産の宅配便を作ります。
相方は・・・EVホールからの眺めを楽しんでますねぇ。(笑)

すっかりと身軽になってホテルをチェックアウト・・・駅前から路面電車だそうです。
岡山駅前から約1Km「城下」で下車(@100円)お城を目指します。

鵜城」と称される下見板張り壁のお城・・・確か42年振りかな?(笑)
岡山後楽園」は42年前に相方と初めてデートした場所・・・
庭園(沢の池)を前に静かに・ゆったりと備前岡山の風を楽しみました。


高校を卒業した後新幹線に飛び乗って岡山(当時の終点)迄行き市役所に飛び込んで江戸時代から武家の手内職として伝えられていてその技術が消えかかっていた「撫川うちわ」の工房(当時は後継者のお爺様が一人)を紹介されて無償(通い)で働いていました。

働き始めて一年・・・春休みに帰郷した際にたまたま都内某所でバッタリ出会い丁度一週間後に城好きの仲間等と「鵜城」見学を企てていたオイラが「岡山の美味い物と綺麗な景色を案内してくれ!」と命じました。(無論仲間には内緒で!w)
(彼女とは同じ都立高校の先輩(柔道部)後輩(剣道部)にて命じ易すかったのです。w)

確かお城脇のお蕎麦やさんで何故か「ニシンそば」を食べ倉敷の美観地区を歩きまわりましたっけ。(耐乏生活をしていた為に何が岡山の名物かは知らず隣のオバさんに聞いた所「『ニシンそば』じゃないの?」って教えてもらったそうです。w)
当日オイラが誕生日だと知ったら「わー、四捨五入するともう30歳なんですね、私はまだ10代です!?w」って大笑いしやがった!


お蕎麦やさんを探したけれど見つからず・・・岡山は果物の街ならばフレッシュフルーツジュースでも頂きますね!

帰りも勿論路面電車です。

駅ビルで今夜の夕飯用に「鰆(サワラ)丼」を買って昼過ぎの新幹線で帰京します!

翌日届いたお土産をチェック・・・!
・・・で、出雲は島根県だったんですよね?(笑)

翌々日には相方からの絵葉書がポストに・・・
事前に用意した絵葉書に一言メッセージを添えて・風景印で送ってくれます。

「今回もありがとう!」楽しかったですよ。
去年はいっぱい迷惑をかけたね、貴女のお陰で元気になれたよ!
・・・で、次回は何処に行きますか?(笑)

2017年6月5日月曜日

出雲・岡山夫婦旅(3)

『今日の赤(17-12)』

<今回も赤字は動画です>

伺えば今日がメインの夫婦旅だそうです・・・
ホテルでの朝食に名物の「あご野焼き」を頂いて8時にはチェックアウト、再び「一畑電鉄」に飛び乗ります。<一畑電鉄の動画
相方に指示されて降りた駅は「一畑口駅」です。

2010年公開の『RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語』の主要な舞台となった駅の一つでオープニングやラストシーンに使われた駅。
当初「出雲市駅」から ”目のお薬師” で有名な「一畑寺駅」への中間駅だったのが昭和3年に「松江駅」からの路線が延長され「一畑口駅」で接続、平地では珍しいスイッチバックとなったそうです。
その後戦時中(昭和19年)の鉄鋼材供出命令で「一畑口駅」〜「一畑寺駅」感が廃線となり今に至ってるとの事・・・
つまりめちゃ『そそる駅』なんだそうです!(笑)


実に静かです・・・この場所ならば何時間でも佇んでいられますよね!
如何ですか・・・そそるでしょう!?(笑)

長い(5分程)ですけどご覧下さい。
ワンマンの運転手さんがトコトコと歩いて運転席を交代する映像は素敵です!
くだりの ”ご縁列車” 到着後の発車です!(笑)

今回の旅は三脚を持参しませんでした。
よって膝の上にカメラを載せてでの撮影にて斜めになりましたがお許しください。

気がつけばこの駅周辺に3時間強・・・実に楽しい時間でした!(笑)

強の午後には松江駅から岡山駅行きのチケットを取得しています。
後ろ髪を引かれながら「一畑電鉄」に飛び乗り松江へ・・・
乗車券の他に@310円を払えば自転車も一緒に乗れます。
駅でレンタサイクルもありました。

松江到着後遅いランチを・・・
松永牛(隠岐の島のブランド牛)のしゃぶしゃぶと日本海のお刺身&天麩羅御前を。

15時「松江駅」から「特急やくも」に飛び乗り岡山まで・・・2時間半強。
伯備線内は単線にて途中駅での待ち合わせがあり結構時間が掛かります。

17時40分に岡山駅着・・・
40年振りの岡山駅前に戸惑いながら今夜はままかりの押し寿司をホテル内で頂きゆっくりとしましょうか?

長い・長い1日でしたけど楽しかったです!
明日は最終日・・・宜しくね!(笑)


2017年6月3日土曜日

出雲・岡山夫婦旅(2)

『今日の赤(17-11)』

”ご縁列車” しまねっこ号II 

「出雲市駅」到着が1時間10分遅れの11時過ぎ・・・今夜お世話になる駅隣接のホテルに荷物を預け出雲大社に向かうそうです。
30年ほど前に一度お邪魔はしてますがその際はレンタカーでしたので初一畑電鉄に乗車です!
今回の旅は今までに頂いた多くの「ご縁」・「お気持ち」に感謝する旅でもあります。

ご縁列車に乗り「川跡(かわと)駅」で大社線に乗り換え「出雲大社駅前」へ・・・

「出雲大社駅前駅」は ”登録有形文化財” 先ずはその内外を楽しんで下さい!(笑)

お参りの前ですが1時を過ぎてしまいましたので参道のお店で「割子そば」「三色割子そば」を・その後お参り後ですが参道のお土産物屋さんでアイスとプリンも頂きました。

以前は駐車場からお参りしたから参道を歩くのは初めてかな???

<見合ったモデルさんが居ませんでしたのでポスターから拝借しました!w>

はい、何時もと同じ「お願い事」はしません。
昨年出会った『ご縁』に感謝し、「またご挨拶に伺う時まで自分なりの生き方をします!」って報告だけね。(笑)

「出雲大社駅前」に戻れば駅脇には昭和3年製造の「デハニ50形」の車両が展示!
無論そんな古い車両に乗った経験はないのですが何故か安らぎますね。(笑)

昨日は慣れない寝台車にて熟睡は出来ていません、早目にチェックインして早々に夕飯を頂きませんか?
ホテルは出雲駅に隣接、相方が選んだお店はすぐ目の前の居酒屋「のどぐろ 日本海」だそうです。
(お酒が飲めない二人ですからね・・・早くお邪魔して早々に退散しましょうか?)

ジンジャエールを片手に頂いたのは・・・
・突き出し(山芋の明太子和え)
・お刺身5点もり
・いわがき
・大和しじみ(宍道湖)の酒蒸し
・のどぐろの天麩羅
・穴子と若筍の天麩羅
・海鮮サラダ
・〆にのどぐろのあら炊き
何れも大満足の味でした!

まだ日は落ちてはいませんが流石に疲れました。
明日も「鉄子」満載の様子にて今日は此処まで・・・早く寝ましょうかね!(笑)

2017年6月2日金曜日

出雲・岡山夫婦旅(1)

『今日の赤(17-10)』


注:今回<赤字は動画サイト(YouTube)へ移行します。

以前より毎年1・2回相方と一緒に国内旅行に出かけます。
相方は元来の旅好き、大昔は「ユース旅」(ユースホステルを利用した安価な一人旅)運転免許を持たない彼女の移動手段は「鉄道」か「バス」に限られていたようです。
そんな影響からか今では完璧な「乗り鉄子」と成長しました。
毎回そんな相方がプロデュースする旅は「鉄色」満載なのです!(笑)

今回は東京駅22時発の「サンライズ出雲」特急寝台列車です。
「サンライズ出雲」は「サンライズ瀬戸」と連結され東京駅を出発、翌朝岡山駅にて切り離しをして各々目的地に向かいます。
相方は既に2度「サンライズ瀬戸」には乗っているそうで今回は「出雲」だそうです。

渡されたチケットは「B寝台個室(シングル)」相方とは1・2階、進行方向の海側・山側に分かれた8号車です。
折角の二人なんだからお互いに行き来してその車窓の景色や雰囲気を味わうのが目的だそうです。(・・・まぁ、今一つ理解出来ないのですがねぇ〜?)

21時出発1時間前ホームへ・・・22時15分程前9番ホームに入線「サンライズ出雲・瀬戸」は車内販売もないそうで翌朝用のパン等を購入しいよいよ乗り込みます。
過去に「北斗星」「カシオペア」と一緒に乗りましたが「サンライズ出雲・瀬戸」は初。
シンプル&ゆったりの個室、相方は3度目で慣れたもんです!?(笑)

久し振りの寝台特急からの車窓を楽しみながら東海道線を西へ・・・
0時45分過ぎ、名もない駅(?)で暫し停車したのを機に目覚ましを日の出(4時45分頃)前にセットして一眠りしますか?

・・・やはり鉄路を走る衝撃音の為に熟睡と言う訳にはいきませんね。(笑)
結局は4時過ぎに起床・・・いったい此処は何処?

車窓から眺める朝日もなかなか素敵です!

時刻は5時過ぎ・・・6時までは車内放送をしないと聞いてましたが「東海道線内にて異音発生の為に安全確認を行いました。現段階で1時間以上の遅れが出ています、この先の乗り継ぎをご予定されていらっしゃる方は車掌が伺いますのでドアを開けてお待ちください。」との車内放送がありました。

まぁ、我々は今日中に終着出雲に到着すれば良い訳ですからのんびりと構え二人して早目の朝食を食べながら流れる車窓を楽しみます。

時刻表通りならば6時半過ぎ岡山駅にて「サンライズ出雲・瀬戸」の切り離し作業が行われます。
1〜7号車が「瀬戸行き」・8〜14号車が「出雲行き」との切り離しは約3分、切離し後直ぐに「瀬戸」は発車・・・引き続き「出雲」も発車!
だから・だから8号車なのね・・・流石「鉄子」さん、納得です!

以前2度の寝台特急サンライズは「瀬戸」行きにて切り離し作業を最後まで見た事がないそうで「これが見たかった!」とは大満足の相方の言です!(笑)

山陽本線から伯備線へ・・・どうやら単線、列車のスピードが落ち幾つかの駅で上(のぼり)列車(特急やくも)の通過待ちもあります。

到着は11時過ぎ、予定から遅れること1時間10分(乗車時間は計13時間超え)・・・
東海道線ー琵琶湖線ーJR京都線ーJR神戸線ー山陽線ー伯備線ー山陰線と全行程 953.6Km
笑顔・大満足の相方とJR山陽本線出雲駅に無事到着で〜す!(ふー。。。笑)