仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2016年8月6日土曜日

下見なんです!(1−2)

那覇市内に戻る車内で「器屋 風庵」の店主から帰り際に手渡された封を開きました。

首里観音堂」のお守りが2つ・・・
今春4月に受けた人間ドックで見つかった「癌」これも繋がったご縁で手術も無事終了し今回の「下見」に無事参加出来たのです。
そんなオイラと結婚直後から長年病と闘って来た(共に生きてきた?)相方へも同じお守りなんですね。

2000年に出会った ”たかが友達?”・”ただのお仲間?” そんなオイラの(相方の)体を案じていてくれる奴の気持(心)に胸が熱くなりました。
勿論、奴以外にも今回たくさんの方々からのご心配の心・労いの言葉・励ましの気持ちをたくさん頂いたのです。

「幸せだな〜」って思います、感謝の気持ちでいっぱいなのです。
正直言って病が見つかった際にはそれなりの覚悟をし・手配もしたのですが皆さんのお心遣いを得ていま少し楽しく・面白い人生を過ごせる事となりました。


「器屋 風庵」ですっかりと寛いでしまい(笑)チェックインが偉く遅くなりました。
車を止め帳が落ちた美栄橋から「ゆいレール」に飛び乗り首里へ・・・。

向かう先は「首里 うない」そうです幾度となく東京下北沢でこだわりの沖縄料理を供してくださっていたお店がこの4月に故郷首里で新たにお店を開いたのです。

車内で改めてお店のデータを確認すると・・・「夜は土日のみ営業・水曜日はお休み・その他不定休あり」って今日は木曜日、ダメじゃん!w
(でも、ご挨拶をするつもりでくだらないお土産も手にしてますので行きます!)

首里駅で下車して iPad mini を片手にお店を探します・・・ダメです、見つかりません。
しょうがなくお店に電話を入れました。
「其処からだと細い路地を曲がって橋を渡って階段を・・・」やっとの思いでたどり着きポストにお土産を放り込み急ぎ戻りました。w

首里から美栄橋へ・・・ここも和みの館「48PAN」で今夜の仕上げです!w


お仲間はオリオンをオイラは何時ものコーヒーフロートです!w
イカスミのオムレツ
お豆腐の醤油炒め
チーズと・・・何かのパスタ!w

実は「48PAN」さんにとは今回大切な打ち合わせがあります。
ご夫妻はお客様のご相手をしながら・我々にお料理を作りながら・・・そのお話はまた何時か!?

明日はいよいよ伊是名島に渡ります。
同行の娘を一人残して我々はホテルに・・・明日も暑そうです!

下見なんです!(笑)1-1

『今日の赤(16−34)』


某女子大のお手伝いを始めて9年目、今年も9月初旬に沖縄県北部の離島(伊是名島)で厳しくも楽しい演習が開かれます。
初回からその企画の立案は担当教諭がお一人で担当されています。(ベースは「都会ではなかなか見られない自然を感じ、地元の方々と触れ合う!」です。)
計画書では那覇のホテル集合・解散ですが、何より安全で安価なルート・宿泊先を調べ上げ参加される学生さん等に提供します。
さらに毎回担当教諭がその知識と過去の経験と人脈を駆使し新しい企画も盛り込みます。
(こんな複雑で奇妙な企画を受け入れるのは旅行会社ではありません。)
よって大切な学生さんを預かるには毎回現場の確認(下見)が必要となるのです!w

早朝6時半、予定のスケジュールに従って東京駅八重洲口に集合し成田空港に向かいます。
無論、LCC航空を利用する事で学生の皆さんへの負担を少しでも減らすのです。

早朝の高速道路はさしたる交通渋滞もなく車内で朝食を食べながら成田へ・・・搭乗カウンターで諸手続きを終えるまで余裕でした。

早めに予約された席は1番前・・・JALのJクラスよりは広いのです!w

那覇空港での預けた荷物の受け渡しも案外スムーズ、しかしLCCターミナルから那覇空港国内線への移動バスは海外からの旅客の増大に伴い(?)大混雑の様相を呈してます。
世の中は既に夏休みに入った様子、レンタカーを借りあげるのに1時間も掛かってしまいました。(此処でも海外からの観光客が多かったです。)

レンタカーで向かう先は南部八重瀬町に存在する「器屋 風庵」です。w
ちょっと遅れてしまいましたね、おやおや本日の「器屋」も貸し切りですか?

柔らかくも清々しい空気の流れる中お出迎えを頂きテーブルへ。

・・・、と扉を開けて一人のお客さまが!
「本日は貸切なんですが・・・。」と店主が。
誰!・この方以前にお目に掛かった事がある!
そうだ「ウブタン国王」だ・・・な訳ではなくてんもりさんです!w
どうやら遅れて到着した我々を車の中で待ち伏せしていたようです?
全く・全く・全く呆れる程素敵なお仲間ですよ!(参った!)

お腹を抱えたサプライズが済みさぁお料理を楽しみます!w


鰹節がメインのハナジル(初汁)からスタートです。

チューンヤセー(モロヘーヤ他のスムージー)

ヤセーンスシ(野菜鮨)ナーベラー・アロエ・ハイビスカス・アワビ茸・エゴマの葉

供される器は全て読谷村の大嶺工房の品、このお皿¥1※※,※※※円です。
こちらでは全て2割引でお買い求め出来ますよ!w

ルーイミン(如意)米粉の平打ち麺+オクラ=まぜまぜして頂きます。

店主から供されるお料理の説明を受けます。
素材や調理方法だけでなくそのお料理が生まれた歴史にまで及びます。
若くして「本物の沖縄料理」を皆に知って貰いたいと言う彼の情熱には毎回背筋を伸ばされるのです!

アブユンソーキ(炙りソーキ)

元来ソーキは宮廷で供される高級料理、そばの上に乗せるような扱いは出来ません!
(店主談)
はい、その髄も正しくすすります!w

タジネームン(豚バラ肉:ピリ辛味・大根の漬物)

豚の頬肉・ロース肉・のどぼとけ肉

ウシルワン(如意)これには出汁を注ぎます。<動画はこちらから

ウチャ(ルイボスティー)

ウクワーシ(完熟トマトとヨーグルト)〜ヌチグスイ

コーヒーはホットで・・・

デザートはスイカ?
スイカの原種に近いそうですが、その形と表皮が面白い

懐かし(笑)のパンプキンペーストを添えたロールケーキでまったりです。

4時間?(w)すっかり日の高さも低くなって来ました、この光が好きなんですよね。

手入れの行き届いた庭先から去り難くて、何時までも話し込んでしまいます・・・w

店主はどうやら生き様を変えて居ないよう・・・仕事も遊びも全力で!
若いお仲間ですがその生き方は尊敬に値します!

9月に再びお邪魔出来るかな、いやお邪魔したいな!
長く強く願えばその思いは必ず叶いますからね・・・『強く願います!』w


PS.
年と共にその記憶力の低下は否めません、今回供されたお料理の説明に関してはその道の達人(てんもりさん)が既に書かれたブログを参考にしました。
見事に切り取られた写真もお楽しみ下さい。「てんもりさんありがとう!w」