仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2016年10月5日水曜日

京都で築119年の町家に宿す!(2)

『今日の赤(16−50)』


「軽く夕食の手配を致しております、行きましょうか。」先生のお言葉に従ってタクシーに分乗。
京の街はマス目状です・・・が、その道筋の名前は何時までも覚えられないのです。
繁華街を抜け街の灯りも随分と小さくなった静かな町家筋でタクシーが止まりました。
「この先は静かな町家ですから大きな音を立てずに進んでくださいね。」とのご注意が・・・?
ちょっと緊張して歩を進めます。(笑)

細い路地のその先にひっそりと小さな灯りが灯っています。
先生に導かれて小さな潜り戸を抜けるとその先は更に飛び石が敷かれた細い路地・・・
京都独特の間口が狭く奥行きが長い造りのようです。
さらにその先を抜けると暖かい光に清潔な木目のカウンターが浮かび上がります。

何でも此処は基本1組/日・勿論一見さんお断りのお店だそうです。
・・・ご主人と奥様の笑顔と先生との遣り取りにやや緊張感は抜けます。

5名カウンター席に着席して・・・皆さんは特別なお酒を!?
純米吟醸:残心 無濾過 袋吊り生原酒

私はジンジャエールではなくお水で・・・!?
伺えば毎朝加茂川の上流まで自転車で片道1時間を掛けて湧き水をペットボトルに汲みお料理や飲み水に利用してるとか・・・
その軟らかで微かに甘みを感じる湧き水を一気に飲み干してしまいました。(笑)
乾杯を待ってお料理が供されます。

※突き出し・グリーンサラダ
       ・ポテトサラダ(ジャガイモ:インカのめざめ・丹波黒大豆枝豆)
       ・自家製スモークドロースハム
       ・自家製パン(北海道小麦:ゆめちから)

※お造り(アコウ:キジハタ)
白身のキリッと締まった身は爽やかさを感じます。
辛子醤油も良いですがネパール岩塩で頂けば旨味が増し一層その味が口に広がります。

余りの美味しさに先生が兜の塩焼きをオーダー。(今日の赤参照!)
アコウってこんなお姿だったんですね!(笑)

※胡麻和え(キュウリ・お揚げ・どんこしいたけ)

幽庵焼き(カマス)
微かに漂うお酒(味醂?)が食欲をそそります。

※手羽先スモーク
皆さん手づかみでむしゃぶりつきます!(笑)

ここで先ほど先生が無理を言ったアコウの塩焼きが登場!
皆で突き合います!(そりゃぁ美味いに決まってますよ。)

※天ぷら(メヒカリ・マコモ茸・山科唐辛子)
此処でも塩が美味い!

※鮎の熟鮓(奥琵琶湖:コアユ)
この系統は苦手なのですが「鮒の熟鮓に比べ全然癖も抑えられ美味しいですよ!」とのご主人のお言葉に一切れ頂きました。
確かにちょいと醗酵熟成独特のピリリとした辛さは舌を刺激しますが芳醇な香りが鼻腔をくすぐり癖になりそうな(?)味わいでした。

琵琶湖の幸佃煮(奥琵琶湖:タニシ・ゴリ・イシガイ)
お江戸の醤油っ辛い佃煮に比べて上品な甘さを含んだ逸品でした。

※ネパール風キーマカレー&五色米
この時点でほぼお腹は満腹状態にて盛られる五色を半分にとお願いしました。
ご主人がネパールを旅した際に食し・感嘆した味を再現したそうですが、なかなか結構な辛さにて手が止まりません!(笑)

※デザート(北海道産栗カボチャのプリン・丹波栗の渋皮煮)
濃厚なカボチャとラム酒で香りを付けられた渋皮煮の栗が見事なマッチングを見せます。 

※天空の古来茶 焙じ茶
  春日:岐阜の揖斐川上流、山の急斜面を登ると、突如茶畑が広がります。
  全国で販売されている「やぶ北茶」とは異なる「古来茶」が無農薬で育ってます。 
満腹・大満腹のお腹にすんなりと収まる優しい香りです。
2杯ほどお代わりしちゃいました!(笑)

我々と同年代のご主人は山登りが趣味でその際に覚えた料理の道が忘れらず京都で大学の教壇に立ちながら週に数日予約を頂いた時にだけ奥様とこのお店を開くのだそうです。

このお店は1897年(明治30年)に建てられ築119年も経つ町家を市の許可を得て改築したとの事、なかなかの御仁とお見受けいたしました!
改築の際にはお茶室までお造りのようです。

お二人の気さくな対応・目配り・気配りにはただ感嘆するばかりです。
何より笑顔の美しさにはそのお料理にも勝る素晴らしさでした!
「また・また絶対にお邪魔するぞ!」そう心に誓うのでした!

このお店ですか?・・・ご主人・奥様のご要望により引き続き「事前予約」・「一見さんお断り」・「NET等への情報提供は行わない」との趣旨を尊重し諸々の情報をお知らせする事は控えさせて頂きます!

2 件のコメント:

ヨダキンボ さんのコメント...

とてもいい紹介ですね��

寅さん さんのコメント...

ヨダギンポさん、恐れ入ります。
本当に素敵な隠れ家キッチン・・・いや、素晴らしいご夫妻に巡り会えました!
次回も京都にお邪魔した時は訪れたいと思いますので宜しくお願い致しますね!(笑)