仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2016年1月9日土曜日

花とおじさん

『今日の赤(16−3)』


似合わないよね・・・でもしょうがないです「花とおじさん」ですから!?(笑)
誰だ!「花とお爺さん」って叫んだ奴は!(怒)

1994年当時文京区大塚に在った某官庁の研修所が相模大野に移転その大事業にも些か関わった当方はその後も何かに付けて内外の設備・保守管理業務のお手伝いをさせて頂いておりました。
お役人様には色々とタイプがありまして基本は当たり障りのないお仕事をされる方が多いのですが・・・2000年の大イベントを終わらせた後この研修所にとんでもない担当者が現れました。
就任早々研修棟・宿泊棟・事務棟等全てのチェックを行い修理・修繕・保守の必要な箇所を書き出しそれに伴う見積書の提出を次から次へと求めてきました。
毎朝出社すると各部屋・廊下・階段室等のレイアウト図面(ここまでの大凡の図面は資料として所持してます。)を図り直し・訂正され指示が書き込まれた書類が何枚も何枚もFAXの受信トレーから覗いてるのです。
「ん!?・こいつ徹夜したのか?」「ようし、上等じゃないか今日中に見積もり出してやろうじゃないか!」・・・そんな感じでした!(笑)

そんな彼が2002年の秋に突然「俺ここやめるかも!」って言い出しました。
伺えば同じ職場で結婚した奥様の実家でカーネーション栽培をやるのだと。
誰が考えたって「?」と思える決断でした!

そしてたった2年後の2006年の春に開催された「関東東海花の展覧会」のカーネーション部門で『農林水産大臣賞/金賞』を受賞したのです。
(この時の興奮は忘れられません!)
その後数々の受賞を重ねと共にお仲間を引きずい込んだ「カーネプレッション」なる企画も始めたのです。(現在は休止中です!)

毎年この時期に開かれる「千葉県フラワーフェスティバル(千葉三越)」と「関東東海花の展示会(池袋シャンシャイン)」へ出かけるのは楽しみなのです。

千葉へは乗り換えを含め約1.5時間・・・遠いのです!

先に「岡本庵」でランチです。
ルイビ豚定食(中:1,814円)・ヒレカツ(のみ:1,458円)
共にレモンや塩が良く合うのです・・・つまり柔らかくてお肉の味が際立ってます。

入り口は假屋崎省吾さんの作品で飾られてます。

彼の今年の作品は「金魚草(メリーランドラベンダー)」です!

他にも多くのお花が展示されています。

帰りにちょっと駅前でデザートを購入(お試しセットにて小さいのですよ!w)
お天気も良くて楽しい1日となりました。
千葉三越の8階催事場で明日までです!

無論、彼はその後も大活躍です。
毎年・毎年多くの苦労を重ねてはいますが「正面突破」と言う彼の最大の武器でがむしゃらです!
おいらにとっては正に誇れる友なのです! 
2月12日〜14日は「関東東海花の展示会(池袋シャンシャイン)」だね!

0 件のコメント: