仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2015年9月17日木曜日

この娘に会いに行く!

『今日の赤(15−36)』


伊是名探検隊演習の様子をお知らせ中ですが、ちょっと小休止します。(笑)
(1泊2日を纏めましたので長文です!w)

2008年夏第1期伊是名探検隊に参加して下さった彼女からご招待状(箱根仙石原「POLA美術館」)を頂きました。
今月中(4日〜27日)はセザンヌ展を開催中です。

子供の頃から音楽・美術系は苦手な部類・・・でも「静かな心で本物を聴いて・観て感じる事こそが一番大切なんだ。」と気付いてからはお誘いを受ければ何処にでもお出かけします。
旅のスペシャリスト(?)と認める相方にプチ旅の依頼を掛けました。

15日7時新宿駅発、小田急ロマンスカーに乗車。(何十年振り?)

箱根湯本でレンタカーを借り出発!
平日の所為か・大涌谷火口噴火の所為かやはり空いてますね。

「鉄子」を自認する相方の事前調査により撮影のポイントで「箱根登山鉄道」を愛でます。(笑)
動画
その後は久し振りの箱根の山登り(車)ドライビングテクニックを楽しみます!

宮ノ下のピコットで相方好みのぶどうパンを(ぶどうの量が明らかに減ってる!)。

強羅の銀かつ工房でかつサンドとコロッケ(ノーマル・山芋コロッケ)。

仙石原の腸詰屋でピリ辛ソーセージサンドを調達、今夜の夕飯用です!

箱根の観光地・美味しいもの巡りのコツはパーキングの確認です。
片側1車線小さなお店には駐車場すらない場合が多いのです。
コンビニの位置を確認・利用しながらの散策がお勧めです!
(@500〜1,000円払えば良いのですが、小市民的にはね。w)

お昼は再び宮ノ下に戻り天婦羅「じゅらく」だそうです。(ここもPは2台)
11時のオープンに合わせてお邪魔しました。

相方は調査済み、アナゴ好きのオイラに合わせてアナゴ天丼がお勧めだそうです!
(久し振りに江戸前の醤油辛さを満喫しました。)

事前のお約束は午後の2時・・・ちょっと早いですから「箱根湿性花園」でも覗きますか?

ゆったりと木道を渡って小さな花々を巡る散策は時間が経つのが早いです。

そろそろ時間が来ましたから行きますか!?

「POLA美術館」初めてお邪魔するのですが・・・結構な賑わい!(驚)
そして凄い施設です!(笑)

只今「近代絵画の父:セザンヌ展」の特別企画展示中:大涌谷周辺の噴火警戒レベル3との事にて借用を受けた作品を返却、20数展の展示品が9点に変更となったようです。
POLA美術館所有のルノワール「レースの帽子の少女」・モネ「睡蓮の池」等、本物を観れるまたとない機会です。

美術館でお仕事中のA嬢を発見!(笑)
2時から30分の休憩に入るとの事で館内のカフェで待ち合わせ。

りんごを題材とした作品が多いセザンヌを記念したアップルパイセットとモンブランを注文して彼女を待ちます。

制服の上着を脱いで登場した彼女・・・いやー、より美しくなったね!
何よりその人柄の優しさ・笑顔の美しさは絶品、その眩しさになかなか直視が出来ません!(笑)
あっという間の30分、来年企画中の伊是名探検隊同窓会への参加を促してお別れです。
「噴火警戒レベルが数日前に1ランク下がりましたので美術館敷地内の遊歩道の散策が可能とから是非ご覧になって下さい。」・・・そんなお勧めならば伺いましょう!
本当に名残惜しいのですが彼女はお仕事に戻りますのでサヨウナラ!

広い遊歩道は枯葉の落ちる音が聞こえる静けさです!<動画

お庭の端には小川も流れています。<動画
結局は遊歩道が閉まる4時半まで楽しみました。

Kosachi ラジュジュアリー:52.8平米・ルームチャージ¥92,664円
無論、当家では無理です! (笑)
相方が予約を入れたプランは@12,000円(朝食・税・サービス込み)、矢張り大涌谷の噴火の影響みたいです。(流石、旅の達人!w)

広すぎるベッドに爆睡!・相方の気配に目覚めました。

そうですここは「大箱根C.C.」でした、遠い昔に一度プレイしたことありますね。
スコアーは・・・覚えていませんね。(笑)

ゆっくりと風呂に入り食堂でバイキングの朝食を・・・。(ちょっと、食べ過ぎ!?)

10時近くまでお部屋でのんびりして近くの仙石原をお散歩しました。
動画

仙石原の相原精肉店で「お土産の焼き豚とソーセージを買ってランチに向かいます。

箱根登山鉄道塔ノ沢駅近く「松の栖」でお蕎麦だそうです。
相方は天婦羅そばを・オイラはせいろだけにしました。(笑)

レンタカーを返却してまだ30分以上前ですがホームに入ります。
ホームで列車の入線・発進を見たりアナウンスを聞く、それが相方の列車旅の方法だそうです。(笑)

<動画> 
この歳になって何時だって多くの娘・孫に囲まれる機会が増えました。
無論、本当の娘や孫達ではありません。
ご縁を頂いたこの娘(こ)等の幸せを願ってはいますけど、何が出来る訳じゃない。
結局は彼女の努力と精進を見守るだけなんですよね。

・・・大丈夫、この娘(こ)の真っ直ぐな瞳や働く姿勢を見れば何の心配は無いのです。
美術の道はなかなか大変かとは思いますが、これからもその突き進む姿勢を崩す事なく自分らしい作品を作り上げて下さいね。

また、ご連絡を頂ければ何処へでも駆けつけます。
またチャンスを作って・・・行きますか!?(笑)

(彼女の作品です。)