仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2015年11月30日月曜日

雨の富山路夫婦旅(3)

『今日の赤(15-47)』


今朝も小雨が落ちてますね、さてどちらに?
ナビ(相方)の指示で神通川を南下・・・結構大きな河川です。

初めて勉強した(教えられた)のは小学生でしたが強烈な印象を受けたのを覚えてます。
今は鮎やサクラマスが採れる清流となりました。

途中西に逸れて「常願寺川」へ・・・
常願寺川」は山をも流す急流と称される河川だとかでその被害も大きいのですが富山湾の恵みを育でいる大切な河川のようです。

車で小一時間目指すポイントの手前の無人駅(千垣)で停めます。
駅舎は無論無人駅、1日の乗降者数は不明!?w

すぐ先の橋の上から狙います。
なかなかの風景ですね。(動画はこちらから。

小一時間楽しんだ後ちょいと上流を目指します。

途中の踏切で「ダブルデッカーエクスプレス」と邂逅、やったね!w

続いて常願寺川の下流に向けて30分程車を走らせます。
鉄橋の上を走る列車の向こう側に大きく広がる立山連峰が見える筈なんだそうですが・・・今日は残念ですね!


雨が強くなって来たのを潮に滑川に向かいます。

此処でも滑川湾・漁船の向こう側に広がる立山連峰が一望出来る予定だったのですがね。

直ぐ隣の「ほたるいかミュージアム」の見学を・・・先ずはランチです!w

もちろん、ほたるいかのフライと天婦羅の定食!・流石に本場・・・美味いです!

漁期は3〜5月との事にて本物とのご対面は叶いませんが見事に見学者無しでしたのでゆったりと楽しめました。w

次に隣の「道の駅:ウェーブパークなめりかわ」にてアイス&深海塩サイダーを頂き、近所のパン屋さんで夕食用のパンを購入し富山市内に戻ります。
(連日の飽食にて少し落とします。w)

6時前なのにお天気の所為?・日本海側だから?・・・すっかりと日が落ちて来ました。
世界で一番景色が美しいスタバが在るよ、行ってみる?」・・・そりゃ行きます!

成る程ねこれはデートスポットになるね。
窓際の席を確保しお茶を・・・特に話す事もないけれど・共に60を過ぎたけど、こんな時間も大切だね。
互いに抱く安心感・幸せ・安らぎ・・・まぁ、良く此処まで来たね。
場所ではなくて時間だよ!
結婚して38年・出会って45年、色々と有って・考えて・悩んで・互いに頑張って・沢山笑って・楽しんでの今日。
そして明日も・明後日も・・・一緒に・手を繋ぎ(徘徊防止?w)歩きましょうね。

・・・で、明日も宜しくね!



2015年11月29日日曜日

雨の富山路夫婦旅(2)

『今日の赤(15−46)』


雨の所為で観光客は2組しか見当たりません、その分静かでゆっくりと出来たのですがね。(笑)
車を置いて折りたたみ傘と「よばれっちゃ」を手に八尾の街中を散策します。
観光会館の入場料と込みで¥1,000円、色々と特典やサービスが受けられます。
(和菓子屋さん・お豆腐屋さん6軒でお菓子、3軒の喫茶店での割引サービスを受けられます。)

8月の末から9月頭に「風の盆」で練り歩く街並みもしっとりと濡れていい感じです。

最初に甘酒で体を温め味噌煎餅を頂きます。(1枚はサービス)

街のあちらこちらに「おわら風の盆」の素敵なデザインが施されて居ます。

歴史を感じさせる街並みが雨に佇んでます。

「よばれっちゃ」を使ってレトロな喫茶店で一休みします。
ケーキセットは¥600円→¥450円なのです。

蔵を使った地元唯一の銀行だって「おわら風の盆」です。w

小雨は断続的に続きます・・・、
「日本の道100選」に選ばれた町筋に佇む諏訪神社もその存在感をさらに増してます。

この和菓子も全て「よばれっちゃ」で頂きました!w

日が落ちる前に富山市に戻ります、路面電車の写真も抑えたいですから。(by 相方)

雨に光る鉄路を何時迄も眺めてました・・・。(相方が。w)

今夜のお食事処は駅ビルの中の白魚専門店の飲食店「しろえび亭」さんへ。

手剥きされた白えびはやばいです!
とろっとろの甘さにノックアウトされました!(富山にお出かけの際は皆様も是非!w)

・・・で明日はどちらへ?

雨の富山路夫婦旅(1)

『今日の赤(15-45)』


月曜日と金曜日に通院を義務としてる相方の旅は平日ならば火曜日から木曜日と決まってます・・・と言う訳で火曜日から相方と久し振りの夫婦旅です!

無論、今回も4日前まで行く先も教えてはくれませんでした。
(寒い所?・暖かい所?とは聞きましたがね。w)


朝7時過ぎの「かがやき」で富山駅へ・・・たった2時間10分程駅弁食べてちょっとうつらうつらしてたらもう到着、早いっす!


駅前でレンタカーを借り出して相方が示した行き先は・・・八尾!
八尾と聞いて思い出すのは「越中おわら風の盆」で奏でられる胡弓の音位かな!?
越中八尾観光会館」に車を止めて先ずは見学だそうです。

いきなり豪華な曳山が並んでます、引き続き養蚕関連の展示室が・・・
これらは江戸時代から養蚕で栄えた財力が源だとか・・・。

繭:日本種を『小石丸』との表記に変えて貰いたい!w


ここで見慣れた幾つかの機材・資料等の展示物に出会うとは?(笑)

無論、「おわら風の盆」に関する展示物も少しありました。

館内で入手した「よばれっちゃ」を手に小雨が落ちる町散歩へ出ますか!?

2015年11月19日木曜日

秋の収穫祭!〜その2

『今日の赤(15-44)』


2日目の朝は5時過ぎに起床、レンタカーをかってご近所の散策です!

美しい紅葉も始まってます。

小海線(甲斐大泉駅)や自然石を積み上げた白旗神社もなかなかいい感じ。

この季節彼方此方で柿が・・・多分渋柿かな?(笑)

小一時間の早朝散歩(車ですが)を終え戻れば豪華な朝食。
無論、皆さんが育て収穫したお野菜が並びます・・・お腹いっぱい!(笑)

小雨模様の朝ですが皆さん元気に収穫作業を楽しみます。

昨日採取したプチトマトから来年へ向けて種の採取もしますね。

ちょっと雨が強くなって来たので収穫したお野菜を各自お持ち帰りの準備を・・・
しかし、そんなにも持ち帰りするんだ!(笑)

最後に今年畑を提供し・半年に渡り管理し・諸処ご指導を頂きましたH氏から少しばかりのご苦労話をうかがいました。
(無論、楽しそうに淡々とされるその姿がとても格好良いのです!)

宿に戻ればランチの用意がされています・・・勿論、とろける美味さなのです。

帰りの準備をしながら暖かなお部屋でまったりします。

帰りも高速バスで。しかし、大根・里芋・カブ・ミニ白菜・サニーレタス・・・etc.
全員が大量に持ち込みましたが追加料金はナシですよね。(笑)


我々は学生さんを見送りレンタカーを返却し小淵沢の駅に戻ります。
M先生はお約束の駅蕎麦を頂いておりましたがオイラはパス、だってがっちりとランチ頂いちゃいましたからね。
雨に光る鉄路(小海線)が旅愁をそそります。
「このままあの列車に乗っても今日中に帰る事は可能ですね。」M先生は iPad で早速調べて下さいましたが・・・一瞬考えてしまいました。(笑)

今年も畑をご提供下さった方・宿泊先で絶品のお食事を供して下さった方々、何よりこんな演習を考え・実行に移してしまった先生方、そしてこんなへんてこな授業を習得した学生さん等・・・
その全員が素敵で・優しくて・・・ちょっと”変”?(=魅力的って事です。

今年演習に参加された学生さん等とはこれにてお別れ、次は南の島でお会い出来たら嬉しいですね。(笑)
この先生等が仕掛ける授業はきっと卒業してからも必ずや記憶に残る演習となるかと思います。(だって、普通じゃないのですからね。笑)
そんな思い出を共有したお仲間とはきっとこれからも「お宝」として貴女方の財産となりますよ。
切っ掛けは常に其処に有るのです、手にするのも放してしまうのも貴女次第!
さぁ〜て・・・如何しますか、アナタ!?(笑)