仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2014年4月27日日曜日

四谷から中央アフリカを考える!

『今日の赤(14-19)』


G.W.2日目はお友達からお誘いを頂いてNGO「中央アフリカ友の会」の代表 徳永端子さんの「中央アフリカの緊急報告会」にお邪魔して来ました。

JR四谷駅から2分、ニコラ・パレ(幼きイエス会)修道院です。

平和ボケの日本のど真ん中で肥満を気にしながら低次元の細かな文句を日々連ねてる身には誠に辛い報告会でした。

定刻13時に代表の徳永さんのご挨拶に続いて映像を40分程・・・その後にご説明を。たった2時間程のお話ではその正しい理解は不可能かと思いますが現実は恐ろしい事みたいです。
外務省の危険情報では全土真っ赤!(退避勧告)近年の情勢はこんな感じだそうです。

1993年から立ち上げた「アフリカ友の会ブエラブ保健センター」はHIV感染者・栄養失調者・生活弱者への支援を目的とした様ですが・・・今はどうやら命のやり取りの真っただ中みたいです。
映像中に語られる現地の方々のお話は想像を絶します!
全ての方々(女性ばかりなのです)の父親・兄弟・子供が亡くなってます。
マジに男子は見つかると殺されるそうです。
NHKのカメラが入ってますね・・・どうやら5月1日のBS1にて徳永さん生出演で特番が有るみたいです。(詳しくは後ほど改めてお知らせしますね。)

2時間余の報告会、その後の茶話会は相方の体調を考えて早めの退席をしました。
四谷駅から5月の風を感じながら市ヶ谷駅まで線路脇を散策・・・

疲れた身体と心をリセットして帰宅・・・なかなか大変な一日と成りました。

頂いたパンフからの抜粋・・・
★50円あると・・・栄養不良児ひとりの栄養が改善できます。
★5000円あると・・・孤児ひとりが1年間学校に行く事ができます。

協賛会員 年会費 5000円
会費、寄付金振込口座 『郵便振替 00100-2-658734 NGOアフリカ友の会』 まで
郵便局よりご送金下さい。

一時の安易な同情なんかでは到底出来ないかな?
でも、先ずは1000円から5000円からでも振り込みたいと思います。
無論何年にも渡り続ける事が出来る範囲でね。