仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2014年2月25日火曜日

『プロ』と呼ばれる人々・・・その1

『今日の赤(14-10)』


ブログへの書き込みが回復(可能)と成りました。(ややおかしいけど?)
FBへは既に書きましたが改めてUPします。

先週(19日)より日本橋三越本店にて開催中の「秋山眞和呉服展」にて上京中の秋山先生を囲んでの少し遅い「新年会」でした。
(呉服展は3月4日まで開催中:店長先生のお嬢様が対応されてます。)

暫くお会いしていなかった某大学の準教授と連絡が取れ、「当日は朝から娘の合唱コンクールが有るけど昼前には終わりますのでその後駆けつけます。」と・・・でも、いくらなんでも早過ぎではないか?(笑)
ならば、お昼でもご一緒してその辺をぶらつきましょうか!(*^^)v

11時半前に「東銀座」で集合!(歌舞伎座のB1にてお土産を物色)

事前にお勧めのお店(蕎麦・シチュー・イタリアン)を提示してましたが・・・「今日はまだ寒から『シチュー』かな?」って事で有名な「銀之塔」をすり抜け(笑)オイラのお勧めは『エルベ』へ!
お友達は「ミックス(タン・ビーフ)」・オイラは「海老」を・・・注文!
無論、オンザライスです!(笑)

満腹&温かなお腹を抱えて裏道をフラフラ・・・「やっぱり、お蕎麦も良いよね!」とのお言葉には逆らう術も無く、久し振りに「湯津上屋」の暖簾を潜りました。

今は写真撮影禁止ですので表だけパチリ!
数年振りの訪問でしたが相変わらず店主独りで取り仕切る店は「お急ぎのお客様はご遠慮下さい。」との張り紙の通り・・・でも、蕎麦は『美味い!』っす!(*^^)v

満腹だけど美味い物(蕎麦)は入る!(笑)
何時もなら掻き揚げを頼むのですが・・・今日は勘弁して頂きました。

銀座中央通り-京橋-東京駅八重洲口-丸の内と抜け、新しくなった東京駅を眺め振り返れば皇居!
何でもこのお方は「城フェチ」?・・・旅先でもお城には必ず登るそうです。

東京に住んで居たってなかなか江戸城(皇居)には入りませんよね、広々としたお堀の中はこれから木々の緑も美しく芽吹き・春を告げる花々も咲き始めます。
天守閣跡にも登れるし東京のど真ん中とは思えない静かなエリアです!
入場無料ですので皆様も如何ですか?

「大手門」から入り天守閣跡に昇り「平川門」までほんの30分程度の散策です!

竹橋(毎日新聞社)・日本銀行脇を抜け銀座の中央通りに戻って来ました。
近年この界隈は古いビルが取り壊されすっかり様変わりしています。

でも、昔からの老舗は形を変えほぼ同じ場所(ビルの中)で営業を続けてます。
で、鰹節の老舗「にんべん」・・・ここではスタンドタイプですが「カツオ節」と「こんぶ」の出汁が楽しめますよ!
お煎餅2付きで枚い200円・出しだけで100円・・・此処はオイラのおごりです!(笑)
 
日本の味で一息付いたら斜向かいの三越へ・・・「秋山先生がお待ちの筈です。」
本館4階「特選呉服売場」へ向かえば総貝紫染のお着物を召された奥様が先生と歓談中!
なかなか先生は離して貰えません!(笑)
やはり皆さん「先生」がお目当てのご様子ですね。
 
ちょっと歩き疲れたので、お先にで同じフロアー内の甘味処で一休みさせて頂きました。
 
歓談中にお仲間が見えて・・・急ぎ呉服売場へ戻ります。
ふと見れば店長(お嬢様)のおみ足が可愛い!(無論パチリ!)
 
お仲間を含め幾人ものファンが先生を訪ねて来られます。
・・・と、先生からお声が掛かります。
「ご紹介します、江戸刺繍の伝統工芸士:竹内功さんです!」と・・・。
 
この方以前、同じ三越だったか高島屋さんだったかお見かけした記憶があるのです。
自分と同姓同名帰宅後直ぐにnetで調べた事が有りました。
 
秋山先生を介しての正式なご挨拶(名刺交換)をさせて頂きました。
「礼節を持った図々しさ!」・・・私の信条です。

この道に入られた切っ掛け・修行の厳しさ・テクニック・・・etc.
聞きまくりました!(笑)
 
最後にはご説明の際に切り取った刺繍用の押さえ糸を頂いてしまいました。(細い!)
 
ふと気が付けば秋山先生は・・・すみません、写真撮って無いや!(^_^;)

そろそろ「新年会」の会場へ向かいましょうか。(笑)
では先生あちらで待ってますね!(~_~;)
 
今回の写真は此方から・・・