仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2014年3月17日月曜日

「神の胃袋」&「皇帝の紫」・・・その1

春・年度末・花粉症・・・忙しい日々が続きます!(笑)
兎に角色々と重なった週末・・・サクッと行きます!

先ずは南国より『神の胃袋を持つ男』と称される達人が来日されました。
お召しにより土曜日の早朝「築地」へ・・・。
お約束の時間に顔を出せば助っ人(K氏)と共に御仁はお店の先頭に並んでいらっしゃいます!(+o+)

天房」の柴エビ・穴子天丼で軽く(ご飯少な目)・・・。(^_^;)
 
醤油っ辛い汁を身に纏った芝エビを頭からかぶり付けばそのサクサク感は春の味です!
伺えば達人は既に場外の「きつねや」で肉豆腐ご飯を食されているとか?
・・・今朝2度目の朝食なんですね。(~_~;)

ほんの少し「築地」を散策、お仲間のご家族とコーヒータイムもあり楽しい一時を満喫!
一度此処で解散、私は15日より「新宿京王プラザホテル:1階ロビーギャラリー」にて開催中(20日まで)の「貝紫染作品展」の見学に向かいました!


詳細な会場写真は此方から・・・!
 
許可を頂き写真撮影後一度自宅に戻り一休みを・・・(笑)
直ぐに取って返し1時からの「公演会」を拝聴!
 
参加費@1,000円にはこんな素敵な”おまけ”が付いてきました。(*^^)v
『国際貝紫研究会』って秋山先生会長なんだね!(^_^;)
 
ごく狭い会場は定員が30名(予約)、開始直前に飛び込みが有ったり台湾からの取材が来たり・・・てんやわんやでしたね。(笑)
 

パネリストはJICAの元職員さんとか各大学の教授達です!
専門的な化学式まで飛び出してみっちり3時間・・・眠い目を見開き久し振りに学生気分を味わいました。(^_^;)

30年前秋山先生よりお買い求めになられた「貝紫染めのお着物」と一緒に・・・
会場内の様子は此方から・・・(記録用です。)

 公演会を終了後秋山先生を伴い急ぎ茅場町へ・・・(続く)

0 件のコメント: