仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2014年2月26日水曜日

『プロ』と呼ばれる人々・・・その2

毎年この時期に日本橋三越本店4階で開催されてる「秋山眞和呉服展」の為に上京されてる秋山先生への御礼と激励を兼ねた慰労会が「神田:だくだく」で催されました。

先ずは写真で楽しんで下さい!(笑)

左下:天豆、小松菜のお浸し、蟹のつみれ、のれそれポン酢
左上:クジラの刺身
右上:いとより鯛と菜の花のカルパッチョ風
その下:房州アワビの肝と長芋のわさび醤油和え
右下:先客(?)
左上:手作り豆腐
右上:水タコとタラの芽の天麩羅
左下:わさび新芽の三杯酢
下中:若筍真丈と生わかめ 海老
右下:・・・先生(笑)
石川県から直送の活ボタンエビと甘エビ
身を頂いた後はから揚げにして・・・(*^^)v
〆はホタルイカの炊き込みご飯(もう最高!)
 
近頃すっかりお馴染みとなった『神田:だくだく』は開店してまだ2年・・・。
何時お邪魔しても素材に思いを込めたお料理を供し・驚かせてて下さいます。
まるで下戸のオイラには最高の居酒屋さんなのです!ヽ(^o^)丿
 
信じられるお店」って大切ですよね!
無論、事前に予約して色々とお願いをすることをお勧めしますけどね。
 
何事においても手を抜く事は結局は自分の首を絞める事!
日々の商いの中で3か月後・半年後・1年後・5年後を意識する事は難しいのかも知れないけれど「今日も全力で!」の心は常に持ち続けたいと思ってます。
 
この日縁あって出会ったお店・お仲間・・・。
そうそう、三越でお着物を見事に着こなしていた店長(秋山先生のお嬢様)は素敵だった!
秋山先生だって普段とは異なる丸一日の接客業務も大変なのでしょうね。
「だくだく」ではさりげない心遣いを見せた女史にもプロの形を見せて頂きましたね。
 
皆素敵!
だって、また行きたくなってしまうのだから!・また会いたくなってしまうのだから!(*^^)v
ご馳走様&有難うございました。m(__)m

お料理等個々の写真は此方から・・・(間違いなく、涎が出ますのでご注意を!)
https://picasaweb.google.com/114939318676010476035/2014022203?authuser=0&authkey=Gv1sRgCLO606ed3c_dbQ&feat=directlink
 

0 件のコメント: