仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2013年10月16日水曜日

『美炎・馬頭琴の調べ』に・・・(2)

美炎(みほ)さん:馬頭琴
 
giz(ギズ)さん:ベース
 
竹井美子さん:キーボード
 
定刻11時まだまだお客様は棚田に集まって来ています。


・・・そろそろ始まりますね!
 
【第一部】
1:モンゴル民謡(4歳の栗毛の子馬・天上の風・白鳥)
2:スーホーの白い馬
3:風と空のうた
4:シルクロード
5:最後の鷹
6:風の色は何色
7:日本の曲メドレー
 
「扇田」の石舞台では素足が似合います!
 
馬頭琴の弦は指の背(爪の付け根)で押さえるのだそうです。
 
見上げるその先には・・・鷹?・モンゴルの空?
 
虫の音と・飛び交うトンボ・・・光(陽射し)と風、
チョロチョロと流れる小川の音さえ馬頭琴とコラボしてます。
 
 
一応「撮影班」を仰せつかっては居るのですが、陽だまりで佇んでいると心地良い風と馬頭琴の音にうつらうつらしそうになります!(笑)
 
【第二部】
1:エンリオ・モリコーネ メドレー
2:風の馬
3:グリーンスリーブス
4:G線上のアリア
5:翼の有る馬
6:龍は嵐を呼んで天に昇る
7:祈り『ホワイトバッファローの伝説』より
★アンコール
8:リベル・タンゴ
 
地元の子供等から稲穂の花束を・・・
 
10分程度の休憩を挟んで、あっと言う間の2時間・・・第二部には突風が吹き時々楽譜が飛んだりしましたが、それも棚田ならではの演出です。
 
最後には「お見送りの曲」を奏でる中お客様が棚田から退場・・・。
毎回、これも憎い演出です!
 
今年も天気の心配をしながらの開催だったのですが幸いな事にご覧の様な青空!
万が一を想定して雨天時の会場も確保し・演出も考えては居るのですが一度も日の目を見ません。
某関係者(笑)には申し訳ないのですが、やはり馬頭琴の音はこの棚田で聞きたいのです!
 
今年も無事終了!
さぁ、「撮影班」から「撤収班」に変身しますか!?(笑)

 

0 件のコメント: