仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2013年2月16日土曜日

祥月命日

昨晩は神田の名店で楽しい宴が・・・また素敵な新しいお仲間とのご縁を頂きました。
帰宅して寝付いたのは1時過ぎ、7時過ぎ気持ち良く目覚めた朝はいきなり飛び出します!
今日2月16日は父の「祥月命日」、母の具合も心配ですから行きます。


信州と言っても茅野市は然程雪は多くはありません・・・が、一昨日の雪予報!

茅野の駅からはタクシーで墓地へ・・・覚悟はしていましたが積雪は約40cm、この時期訪れる人の少ない部落の墓地はすっかり雪に埋もれてます。


雪の下は氷・・・これ以上雪を退けるのは無理でした。


線香を手向け、晩年一杯の晩酌を楽しみにしていた父と一献傾けました。

帰りは写真でも撮りながら駅まで歩くつもりでしたが残雪や氷に覆われた道を歩くのは都会人(?)には足元が大いに危ないと判断!
第一風が「寒い」・・・のじゃなくて「痛い!」のです。

何故か引き寄せられるように・・・以前父母がお世話になった諏訪中央病院まで歩きました。



丁度ランチ時にてこれも散々見舞いの度に幾度となく食べた「カツカレー」を注文、懐かしく&じ~っとまどろみました。

病院から駅までタクシーに乗り、駅から特別養護老人ホームまでは再び歩きます。


ホームのロビーには雛飾り・・・そうか、もう直ぐお雛祭りか!


今年に入ってからすっかり弱くなった母は口内の腫瘍の痛みを和らげる為に少量の麻酔を打ち続けてます。
「おーぃ、眠るな!・眠ると死んじゃうぞ!」なんて大きな声を掛けては見たけれど結局は一度も目を開けてはくれなかった。

職員の方と終焉の確認なんかして、切なくて・居た堪れなくて・・・予定していた列車より2便も前の「あずさ」に飛び乗ってしまいました。
「良いんだ!・これで良いんだ・間違ってないぞ!」眠るつもりの列車の中で何度も呟いてる自分に本気で怒ったりして。。。

良い答えの出る筈のない問い・・・年度末の慌しさが少しは忘れさせてくれるかな?


2013-02-16:祥月命日

0 件のコメント: