仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2012年8月26日日曜日

「先生こんなの誰も気付かないよ!」

送信者 2011-11-05マクロ
十数年も前からその『ひたむきな・常に先を見つめた生き方』に惚れ勝手に後姿を見つめていた大好きな秋山先生
4・5年前にその作品(お着物)を眺め、1mmにも満たない紬(つむぎ)の中に細かな配色と織を見つけてボソッとオイラが呟いた言葉です。

先生のお答えは「良いんです、私がそうしたかったのだから・・・。」だったかな?(笑)
余りにも無知・誠に無礼・恥ずかしい限りです!

昨日(25日)の早朝(5:30)にBS朝日(BS5)で再放送された『軌跡の地球物語:フェルメールの青』を観ました。
あの「フェルメール」を通して人類が手にしてきた色(赤・紫・白・青)に関する番組でした。

送信者 2012-08-26
紫なら皇帝の紫・卑弥呼の紫=貝紫・・・我等が秋山先生を通じて知りえた奇跡の色です。

番組の中でフェルメールは人が色を認識する際には単に1色だけで見てるのではなく、多くの色を認識・配するすることによって、より自然に・豊な色として認識されると理解し・表現したそうです。
(フェルメールは拡大しなければ人の目では認められない小さな点を沢山配しているとも。)

これって秋山先生が取り入れていた技法!?・・・そうか!

「着物(織物)は立体なんです・・・纏って・動いて光を吸収・反射させてこそ一番美しいのです。」
「衣桁掛けに掛けられた着物ではなく纏った姿を見ていただきたい。」・・・そんな事も教えられた。

送信者 2011-11-04展示品
送信者 2012-08-26
先生、あんた凄いや! あんたの目凄いや! 今更ながら参った!

8月31日(金)18:00~3回目の再放送がされます。
是非とも・録画してでもご覧下さい!
(先生のご出演は数分ですが、存在感抜群です!)