仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2012年6月5日火曜日

第10回綾ツァー(1日目)

例年この時期に開催される「綾ツァー」、昨年「新燃岳」の噴火と言うアクシデントによりを乗り越え
再開です。

2000年のG.W.に縁有って初めて訪れた『宮崎県綾町』その新緑の照葉樹林に包まれた静かな町に魅了されて翌年再び相方と訪問・・・、以来秋山先生とのご縁を頂いての今年です。

「ねぇ、先生こんな素敵な『綾』皆で遊びに来て良いですか?」
「な〜んにも無い田舎ですよ・・・こんな町で良ければ何時でもどうぞ。そうだ、どうせならホタルの時期が良いですよ。」
2002年僅か6名からスタートした「第1回綾ツァー」、その後お仲間がお仲間を呼び延べ人数も80名を越えました。

送信者 2012-06-02
今年も例年通り土曜日の朝1番の飛行機で宮崎に飛びます!
ソラシドエアー」は強い味方・・・早割りならば1万円を切った価格で宮崎に飛べますから。

宮崎空港でお仲間の到着を待ちレンタカーで綾に向かいます。
空港からは約45分集合場所は綾の中心部「本物センター」へ。
其処には既に熊本(阿蘇山麓)から車で駆けつけられた〇部ご夫妻もご到着、お出迎えを頂きました。

各自「本物センター」でお弁当を調達し、車で3分『綾の手紬染織工房』へ・・・。
既に先生はスタンバイ、直ぐに「入校式」の開催です。

送信者 2012-06-02
各自に名札と一緒に麦わら帽子を配布(戴帽式)、組長(オイラ)の宣誓式で今年の「綾ツァー」のスタートです。

生憎の雨模様・・・商工会の2階を借りて昼食タイム、その後直ぐに草木染めの演習が始まりました。
野外の作業場に有る大竃に火を熾し湯を沸かします、その間別働隊は近所の桑畑から桑の葉を軽トラック一杯頂きます。
(剪定をするとまた新たな枝が出てくるのだそうです。)

採取した桑の葉を毟り取りグラグラ煮えたぎった大釜の鍋に放り込みます。
約1時間しっかり染料を抽出した後各自が持参(先ほど括った)ショールやシャツを放り込み時間短縮の為に再び釜を滾らせました。
2012-06-02:草木染め

途中小休止の時間では本格的に飼育を始めた「天蚕」のチェックを・・・。

送信者 2012-06-02
鳥避けのネットに守られた橡(くぬぎ)林で天蚕が100匹程・・・雨に打たれて動きを止めてました。
実に見事なグリーンです、この糸で先生お着物を作られるのかな?

各々作品を完成させて大満足、無論課題も沢山見付かって・・・来年の予約が既に入りました。(笑)

夕飯(BBQ)時には各自に「秋山組」と焼印が押された枡が進呈されて今日一日の儀式は終了です。
後は・・・ホタルの見学かな!?

・・・の予定でしたが小雨が振り止まず想像を遙かに下回っての乱舞でした。
まぁ、初ツァー参加者には大好評でしたけどね。

2012-06-02

さぁ、明日の朝は恒例の早朝演習・・・4時半には宿泊先を出るそうです!(@_@;)

0 件のコメント: