仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2011年9月1日木曜日

目に見える形に・・・



「美しいキモノ」って専門誌(ハースト婦人画報社)ご存知ですか?
その業界では超有名なんだそうですが・・・ちっとも知りませんでした。(^_^;)

年4回発行の季刊誌でオールカラー、やたらと有名な女優さんがお着物のモデルさんとして多数ご出演されています。
つまり・・・重たいのです!(@_@;)

その専門誌に載りました!(96頁)



綾の手紬染織工房」で養蚕からの一貫したもの作りに取り組み、日本工芸会正会員、現代の名工として活躍する秋山眞和さん。
古希を迎える秋山さんをお祝いして応援団による記念の作品展が開かれます。


秋山眞和古希記念展 (磯井コレクションより)

自然豊かな宮崎県綾町に構え、創作活動を続ける秋山眞和さん。
透明感の有る藍染や、華やかな貝紫染の作品に評価が集まります。
藍染は、照葉樹林の灰から取った灰汁を用いた、天然灰汁発酵建ての古法によるもので、2008年には宮崎県綾町の無形文化財に指定されました。
20年程前から、藍染に適した日本の蚕の原種といわれる「小石丸」の養蚕にも取り組んでいます。

今回の作品展は、工程すべてにこだわり、情熱をもって取り組む秋山さんのファンが集まった「秋山眞和 勝手に応援団」が、古希を迎える秋山さんへのお祝いとして企画しました。

長年にわたり秋山作品を集めている京都在住の磯井清子さんが所蔵する、きものや帯を中心に展示されます。
日本工芸展に出品された作品も数多く揃う今までの集大成ともいえる内容です。
ファンの方も、初めての方にも秋山作品の魅力に触れることができるよい機会となるでしょう。

会期:2011年11月3日(木・祝)~6日(日)
    期間中無休 10:30~18:00(最終日は10:00~16:00)

会場:イベントスペース・サラ 「紬愛館」
    京都府京都市上京区室町通出水上ル近衛町45
    Tel 075-451-4195

特別イベント
   3日 13:00~ 秋山作品のファッションショー
   6日 13:00~ 秋山眞和さんによる作品解説

入場料:無料

秋山眞和(あきやま・まさかず)
   1941年、沖縄県那覇市生まれ。
   1966年、「綾の手紬染織工房」創業
   1968年、日本伝統工芸展初入選
   1972年、日本工芸会正会員となる。
   1995年、卓越した技能者(現代の名工)に認定。
   1997~2002年、沖縄県立芸術大学美術工芸学部教授を務める。
   2004年、銀座「和光」にて個展開催
   2006年、黄綬褒章受賞。
   2008年、天然灰汁発酵建藍染が宮崎県綾町の無形文化財に指定。
   2010年、銀座「和光」にて2度目の個展開催
 
 
なんか凄いイベントみたいですね?(他人事・・・?笑)
多くのお仲間に支えられての展示会、自身も目一杯楽しんでみたいと思ってます。
 
会場にお見え頂くのは勿論、お手伝いを頂けたらきっと素敵な思い出が残りますよ。
如何ですか?(詳細に関してのお問い合わせは遠慮なくどうぞ!)