仲程長治:琉球写真家

14585277_181095775665837_1613445775_n

2010年7月15日木曜日

判るかな?・判んねーだろうな・・・?

昨晩の集まりの最中に「綾の手紬染織工房」・「秋山眞和先生」の事が話題になりました。
その際にお着物を織ると言う作業が如何に大変(難しい)かをお話したのですが、正にタイムリーなメッセージが先生のブログにUPされてました。

よってこの記事・写真は全てブログからのパクリです。m(__)m
(余計な説明を加えるとかえってトンチンカンな方向にいきますからね。)

**********************************************************************************
縞、絣の入ったキモノ柄の制作行程の一部を初公開!!。

例えばこの図案の柄を作る場合、縦糸の作業を紹介しましょう。

送信者 お着物の制作工程(1)
小石丸の縦糸はもう既に貝紫染めに染められています。
その糸を木枠に巻取り、縦糸の整経をします(整形ではありません)

送信者 お着物の制作工程(1)
送信者 お着物の制作工程(1)
反物のたての必要本数を色ごとに張り、一反の長さに合わせて糸を掛けてゆきます。

送信者 お着物の制作工程(1)
縦糸の命(ヨミトリ)、糸の道筋を作ります。

送信者 お着物の制作工程(1)
このあと多くの行程がありますが、ここには掲載できませんので(非公開?)省略してもういきなり縦糸を巻いています。
この時点で最初の図案紙の模様がほぼ見えてきます。
織りに至るまでの下準備中は求める柄(図案)の逆柄で進行します。
織ってゆく時はこの写真の向う側から。

送信者 お着物の制作工程(1)
次回はこの次の行程へ・・・
**********************************************************************************
さぁ、皆さんお判りになりましたか?(笑)
・・・続きが有るようですから御期待下さいね。(^_-)-☆